ある日息子から、お友達の家にお邪魔したときにとても面白いまんがを読んだよ、という話を聞いたので、さっそくアマゾンでポチッと購入しました。

角川まんが科学シリーズ
どっちが強い!?カブトムシvsクワガタムシ
昆虫王、決定戦

息子の隙を見て読んでみます。

しょっぱなから意表をつかれます。
何故にその大きさ…?

そこから怒涛の展開です。笑いあり涙ありハラハラドキドキのうちに、あっという間に完結します。
とても面白いです。

強いて言えば、一冊完結なのでちょっと強引かなと思うところがあるのと、少しコマ割りが見づらいかな、という部分があります。

あくまでも、個人的感想です。

何よりも素晴らしいのが、話の切れ目に挿入されている、カブトムシ・クワガタの紹介ページです。
話中に登場する昆虫の詳細が絵とともに書かれていて、子供用なのでわかりやすく、非常に勉強になります。

一般的な昆虫図鑑よりも詳しく書かれている部分が多い気がします。

カブトムシvsクワガタムシ編以外にも、

ベビvsワニ 丸のみ動物の決闘

クジラvsダイオウイカ 海のモンスター対決

など、数種類が出版されています。

サブタイトルがそそります。

nicoパパ家では、上の3冊を購入しまして、息子はベビvsワニが一番面白いと言っています。あくまでも個人的な感想です。