カブトムシの幼虫のフンが最高の肥料になる!?という情報をもとに、フンでチンゲン菜とサニーレタスの栽培を開始してから、18日目

家庭菜園の土は、チンゲン菜もサニーレタスも、本葉が出てきて順調に成長していますが、カブトムシの幼虫のフンは、双葉のまま、11日目の観察時からほとんど成長していません

それぞれの土の具合を確認してみます。

家庭菜園用の土は、やわらかく水捌けも良いのに対して、カブトムシの幼虫のフンは、とても固くて水捌けが悪く、水をあげてもなかなか土に吸い込まれていきませんでした。

土の状態を確認してみると、土の表面や中は乾燥しておらず、ある程度水分を含んでいる状態でした。ということは、水分が足りなくて成長できていない訳ではないということになります。

きっと土が固過ぎて根を伸ばすことができず、そのために上に大きくなることができないのではないか、と予想しています。

引き続き、このまま様子を見ていきます。