2019年5月初旬、今年もこの時期がやってきました。
冬の厳しい寒さを耐え忍んできたカブトムシの幼虫が、土の中に蛹室を作り始める時期です。
昨年は、ペットボトルの容器を使って人工の蛹室を作り、カブトムシの蛹化を観察しましたが、

ペットボトルの人工蛹室は、

  • 表面に凹凸があり内部がクリアに見えない
  • 表面に土が付くと洗わない限りきれいに土を除去できない

という難があることがわかりました。

ということで、今年は違う方法を検討しました。

やはり、透明度と強度で言えば、ガラス製のビンが最適だろうと考え、家の中にあるビン類を物色していたところ、我が家で愛されている「瀬戸風味」という”ふりかけ”のビンが、直径、高さ共に丁度良く、間口も広くて幼虫の出し入れが簡単!であることがわかりました。

三島 ふりかけ 瀬戸風味 45g

去年の冬あたりに我が家で「瀬戸風味」のビンを発見して以来、現在までに4つのビンを確保することができました。

ちなみにこの「瀬戸風味」、とてもおいしいのでおススメです。