ペットボトルの人工蛹室で蛹化したオスが、いよいよ羽化しました!
5月17日に蛹になったので、蛹化から18日で羽化したことになります。

購入した本によると、蛹の期間はだいたい1ヶ月程度と書いてあるので、近からず遠からず、といったところでしょうか。

1ヶ月程度を想定してましたので、若干焦ります。

いつ人工蛹室から出てきてもいいように、幼虫を飼育していた大部屋にペットボトルの人工蛹室を設置します。
あと、カブトムシが転倒した際につかまって元に戻るための登り木をセッティングして準備完了!

カブトムシは転倒してひっくり返ると、元に戻れずにあお向けのまま死んでしまうことがあるので、足でつかまって元に戻るための登り木は必須です

この登り木は餌置きのための穴も空いてるので、餌で土が汚れることもなく、一石二鳥です。

あとはカブトムシが自力で蛹室から出てくるのを待つだけです。